« アシスタント背景美塾を受講してきましたのこと。 | トップページ | イヤ食べ二巻、決定しました! »

猫が虹の橋を渡りました。

23年連れ添った猫が昨日、虹の橋を渡りました。

5月の連休に、まだへその緒がついた状態で拾ったので
大目に見て享年24歳ってことでもいいですか?


老衰でとても静かに旅立ちました。
夫と二人で見送ることができました。
(彼が号泣するのを初めて見ました)

23歳と言ったら人間換算で112歳くらい? 
もう本当に立派なご長寿さんですから
寂しくて、辛いってのはありますが、大往生だったよね、おつかれさま。って
気持ちの方が大きいです。


春に生まれて春に死ぬ。
家族に見守られながらいつものようにTVのついた、明るく暖かい布団の中で。
本人(猫)はどう思っていたかわかりませんが、自分なら上々の最後だなぁと
おもったりしました。
晩年は若干認知症が出て、お世話に苦労したりもしましたが、本当にいい子でした。


ああああああああ……もうウチには猫がいないんだなああああああああ!

自宅作業のフリーランスになっててよかったです。
日中、ふいに悲しみがフラッシュバックしても泣きながら仕事できますから(泣笑)
今後は親の介護などもライフプランに入ってくるので
もうペットはお迎えしません。


今日の午後、火葬業者さんが来て、身体がなくなるまで
もうちょっとだけ撫でておこうと思います。
最後まで子猫のように柔らかい感触の毛皮を纏った子でありました。

|

« アシスタント背景美塾を受講してきましたのこと。 | トップページ | イヤ食べ二巻、決定しました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事